忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06/23/19:11  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/05/23:21  先月は、、。

2016年も早いもので、もう2月となりました!
とーっても更新が遅れに遅れてしまいました、、(><)

1月はコンサートやライヴ、リハーサルに明け暮れて、その間に大雪が降ったり、最後の最後で胃腸炎になったりと大忙しな月でした。

先月のスペシャルジョイントコンサートにはたくさんのお客様にお越しいただきましてありがとうございました!

普段クラシック、そしてマンドリンもなかなか聞く機会がない、という方も多くいらっしゃいましたが、とても楽しんでいただけたようで、初めての試みでしたが私としてもこんな大きな反響があるとは、、とびっくりしました。

美しく青きドナウのアレンジもよかったようで、、マンドリンの堀君と一緒に頑張った甲斐がありました(^^)

リハーサル風景の一コマ。











終演後に、、★




一曲一曲が本当に楽しくて、マンドリンの音色を楽しみながら、「あ~終わりたくないなぁ」と思いながらもアンコールを弾き終わりました。


また機会があればぜひ企画を考えたいなぁと思います♪

皆様ありがとうございました!!





PR

10/29/22:48  来月のお知らせ

もう10月もあと数日になりました!
今月は約五年ぶりとなる、槇原敬之さんのライブ「cELEBLATION 2015 Starry Nights」に参加させていただいていますが、先日無事東京公演が終了しました!
11月末は大阪で二日間の公演です。
アレンジも良いし、今回はOVERTUREを新垣隆さんが作曲してくださったそうで、ハーモニーの素晴らしさに感動しながら弾いています。
ご本人が歌うライブで一緒に弾けて、ものすごい数のお客様と共有できる素晴らしさを感じながら一回一回、一期一会の公演を楽しんでいます!
来月の大阪も楽しみ(^^)



さて、来月ですが、、
長年サポートさせていただいている、高橋孝さんの組んでいる津軽三味線のユニット、
「HAZUKI」のライブに初参加します!
もう一人の三味線は土生みさおさん。
日本一を取ったそうで、とても芯のある音色を聴かせてくれる素敵な方です。

三味線、チェロ、カホン、と異色コラボですが、ご興味ある方はぜひお越しください。


HAZUKIライブ
☆HAZUKI LIVE   軌跡-Locus-
11月21日(土)
場所 二子玉川KIWA
開場/16:30 開演/17:00
料金 ¥3,500(1ドリンク付)
全席自由
チケット問い合わせ
tel:03-6805-7948(KIWA)
KIWAホームページ予約フォームhttp://oasis-kiwa.com/ 
出演
高橋孝(津軽三味線)
土生みさお(津軽三味線)
高橋麻理子(チェロ)
遠藤たけし(カホン)

10/09/00:11  ケーテンの秋

先月末になってしまいますが、「ケーテンの秋」という名前の音楽祭に出演してきました!

バッハゆかりの地、ということでいったいどんなところなんだろうと楽しみに、、
私の住むザールブリュッケンからはなんと車で7時間半ほどかかりました。
といっても、フランスのMetzという街から出発し、ザールブリュッケン、フランクフルトを経由してのかなりの長旅です。


ケーテンはとってもこじんまりとした街で、人口約3万人ほどらしいです。



街の真ん中にそびえたつ、Jakobs教会。

なかでは、オルガンの練習をされている人がいました。
よく響く、素敵な音色でした。




また、バッハが過ごした土地らしく、いろんなところにBachの文字や、記念碑ほか、、。





街の片隅にあった、大きなバッハのペイント。
共演者たちからは「わーひどい!なにあれ!」と散々な評価でしたが、
バッハがこんな風に生活の一部になっているのが面白いなぁと思ったのでした。






さて、ここはなんでしょう。
ただのビルに見えますが、、
なんとここはバッハが住んでいた家の跡、でした。




元の家は跡形もなく、すでに相当前に建て替えられていたと見えて、あまりにも普通すぎる外観にかなりガックリ。。


とはいえ、素晴らしい共演者たちとのリハーサル!
ソプラノのAna Quintansとともに、バッハやヘンデルのカンタータや
ブランデンブルグ協奏曲を演奏しました。



コンミスのZefiraはブルガリア出身。
なめらか且つ、積極的な音楽造りであっという間に彼女の音に引き込まれました!
ヴィオラの瑶子ちゃんはフランクフルト在住。
フランクフルトの古楽オケなどの話も聞けて楽しかったです。






演奏したのはケーテンのお城の中にある、「バッハ」と名前の付いたホール。




お城の中はとても景色もよく、のどかで空気も澄んでいて、リフレッシュできました。

かつてバッハがここで暮らしていたことを想像し、そして感じながら、楽しんで弾くことができました。



楽しかった音楽祭、、また訪れたい街ケーテンでした。


09/08/06:06  無事に、、

ドイツへ戻ってきました!
まだちょっと時差ぼけ気味ですが、、。

日本でのコンサート、企画してやったものもいくつかありましたが、おかげさまでとても好評でした!

戻ってくる直前の8月30日の「恋する魂は~イタリアン・カンタータへのいざない~」も、普段バロック音楽や、カンタータなどを聴いたことのない方々からは、
「もっと聴きたかった!」
「イタリアン・カンタータが美しかった」などのご感想もいただきました。


演奏前にみんなで記念撮影♪





コンサートの少し前に風邪をひいてしまい、声が出ないというアクシデントに見舞われたものの、なんとかコンサートではトークできる状態までにはなったのですが、、その後の咳がなかなか直らず。。
ドイツでは、ドラッグストアに自然由来の咳止めシロップや、咳止めの生薬のようなものが売られているのですが、色々と試してみてます!

さて、、今月末はバッハゆかりの地ケーテンにて、フランスのバロックアンサンブルの一員として、バッハの作品を演奏することになりました(^^)
どんな街なのか、とっても楽しみです♪

秋以降のコンサート、出演情報も近々情報更新の予定です。



皆様も季節の変わり目の風邪にはお気をつけて、、!

07/26/22:27  夏休み!そしてコンサート、、♪

ここ数日、猛暑が続いていますが皆さまいかがおすごしでしょうか。

私は幸いにも本格的に暑くなる前に関西へ移動して、しばしの夏休みです。

今日は六甲山へ行って、素晴らしい眺めや、オルゴールミュージアム、色々なイベントを楽しんできました。
山の上ってやはり5度ほど気温が低いみたいで、風がとても気持ちよかったです。

先日、東京にて友達とレストランのテラスでランチをして、そんなに日差しは強くなかったものの、帰宅したらかなりの頭痛。どうやら熱疲労になってしまったようで、油断してしまいました~。。
とっても楽しい時間だったからよかったものの、、
皆さまもどうぞ夏バテ、熱中症には十分お気を付け下さい(><)


さてさて、来月のコンサートのお知らせも兼ねて。

恋する魂は~イタリアン・カンタータへのいざない~

8月30日(日曜)オペラシティ近江楽堂
14:00開演(13:30開場)
一般3500円(当日4000円) 中学生以下1000円

出演
清水梢(ソプラノ)
原田陽(ヴァイオリン)
高橋麻理子(チェロ)
根本卓也(チェンバロ)


ヴィヴァルディ:チェロソナタ第6番 ホ長調 RV46
バッハ:ヴァイオリンソナタ BWV1023 ホ短調
バッハ:カンタータ BWV58より 第三曲
BWV171より 第四曲

ヘンデル:ヴァイオリンソナタ ト短調 HMV364
ヘンデル:イタリアン・カンタータより 
高い望みをかけられた子
恋する魂は

プログラムはそれぞれのソナタあり、今回はソプラノ歌手の清水梢さんをお招きして、バッハとヘンデルのカンタータも演奏します。
カンタータってすごく好きな方以外はなかなか普段耳にすることはないと思います。
私もずっとクラシックの世界に居たにもかかわらず、実は長年カンタータの存在をイマイチ知らずに居たのですが、あるコンサートをきっかけに、ものすごく衝撃を受けました。
こんな世界があるのか、、と感動、感激。
バッハ、といえば、チェロ組曲、ヴァイオリンソナタ、インヴェンションとシンフォニア(ピアノ作品です)、、という概念があっという間に崩れ去り、新たな魅力に取りつかれました。
それ以来、いつかカンタータ作品をコンサートで出来たら、、と思っていたので、今回はとっても楽しみなのです。
原田陽君の悠々としたヴァイオリン、そして、根本卓也君のチェンバロも鮮やかで、必聴です!
私も初めてモダンチェロではないチェロ、、を使い、ヴィヴァルディのソナタに挑戦します。
色彩豊かなヴィヴァルディの世界、日々発見がありなんと面白いことか。。

ぜひ皆様とひと時を御一緒出来たらと思います。

チケットのお問い合わせは プロメナーデ企画 musikpromenade@yahoo.co.jp まで。