忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06/28/05:48  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/03/01:55  Vorspiel!!

学生時代、一緒にずっとカルテットを弾いていたヴァイオリニストに突然呼び出され、、
「Vorspiel(フォアシュピール)するんだけど、きてもらえないかな?」とのこと。

ドイツでは、当たり前のようにみんな集まってお互いの演奏を聴きあっていろいろ意見を言ったりするんですが、それをVorspielといいます。
日本だとなかなかそういう機会も少ないのですが、しょっちゅう集まっては気軽に行ってる、ドイツのいい習慣だな、と思えるひとつ。

自分ではなかなか客観的に聴けなかったりして、特に室内楽の場合バランスなど、、いろいろなことにおいて客観的に聴く、というのが必要になりますが、3回リハーサルをするより、1回のVorspielをしたほうがよっぽど効率もいいし、勉強になるような気がします。

高校に入学してからすぐカルテットを始め、大好きでずーっと続けてきたので、カルテットの演奏ならいくらでも大歓迎!
、、でしたが、聴かせてもらうカルテットのチェリストと私が一緒に今月中チェロデュオの本番を控えているため、それもついでに弾くことに。
さらに、ドイツ留学仲間のピアニストもコンチェルトの本番があるため、伴奏者を連れてきたので、ピアノデュオも聴けることになり、なんだかわらわらと結構な人数に。

ずっと一緒に弾いてきたヴァイオリニストなので、クセや音楽性なんかもほぼ分かってるのと、どういえば理解してもらえるかが分かってるので、色々な意味で遠慮なく、意見を言えます。
ほかのメンバーは皆さんオーケストラの団員さんたちなので、よく多忙な中でこれだけ仕上げてくるなあ、と感心してしまいました。
カルテットは、仕上がるまでに時間がかかるので、まずみんなで予定をあわせて、、というところから始め、本当に地道な作業、、音程合わせ、弓の使い方、音色、などなどいろんなことを作り上げるのが結構大変です。
大変な分、喜びも大きいと思いますけど、、。

結局カルテット3曲、ピアノコンチェルト一曲、チェロデュオ1曲、、と言う感じであっという間に何時間も経ってしまいましたが、とてもいい時間でした。



PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL