忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
05 2017/06 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 07

06/23/19:08  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/20/22:53  コンサート週間♪

12月なせいか、連日のコンサート、聴いたり、弾いたり、なかなか忙しいです!

まずは、桐朋学園チェロアンサンブル演奏会に行ってきました!
学生時代の思い出といえば、チェロアンと室内楽、、というくらい常にやっていたのですが、卒業してから後輩たちの演奏を聴くのは初めてかもしれないです。
私が大学生だったときの同門の生徒さんたちももう大学卒業の歳。
びっくりですね、、。演奏を聴きながら「こんなに立派になって、、」と。完全に親の心境です笑

これはほんとに手作りの演奏会で、曲目、メンバー、練習日程、練習場所、チケットなどなどすべて学生たちが毎年自分たちでしてるんです。
今年はムソルグスキーの「展覧会の絵」を編曲してなんとチェロアンサンブルで。
同門の後輩が編曲したのですが、すばらしかった!!
ほかにも、カルメンや、レスピーギのリュートのための古い舞曲とアリア、カザルスのサルダナなど、、学生時代何回も弾いた懐かしい曲も沢山。
毎年、練習を何回もして、先生たちもレッスンしにきたり、、とみんな一丸となって取り組んでたなー、と懐しさがこみ上げてきました。
会場では、先生たちにも久しぶりにお会いできました。
素晴らしいアンサンブルで、行ってよかったなあと思いました♪


お次は、以前もちょっとここに書きました、音と食のコンサート(チェロカルテット)です。
当日もバタバタしてましたが、なんとか無事終えることができました。
ちなみに、気になるメニューは、、

バーニャ・カウダ 野菜スティック添え
プロバンス風 キッシュ
かぼちゃのスープ オレンジとくるみ風味
パテ・ド・カンパーニュ ブリオッシュのせ
フォアグラムースのシュー包み
地鶏とそら豆のパスタグラタン
パリ・ブレスト
デザートにレモンのプチ・アントルメ

というなんとも豪華なメニュー☆
というか、ほぼ、初めて食べるものばっかり。

演奏が終わり、着替えてお料理のところに行ったら、もうすでに無いものもあり、、(><)
写真を撮ろうと思っていたのですが、残念ながらうまく撮れませんでした!
始まる前に撮ればよかった!!
でも、とっても美味しかったです。
勉強になりました、、。

演奏風景はこんな感じでした♪
右から、芝村崇君、田中愛さん、大前知誇さん(シェフ!)、私です。





さて3つ目、、、
毎年恒例になっている桐朋女子部門でのクリスマスコンサートで弦楽四重奏を弾いてきました。

ここでのリクエストはドヴォルザークの「アメリカ」。
弦楽四重奏で弾く場合は必ずリクエストされます!
今回は全員、高校時代の同級生女子四人で。
各々では一緒に弾いたこともあるけども、全員では初めてなのに、なぜか息もぴったり。
ほとんど何も言わなくても各自のやりたいことがわかるし、弾きたい風に弾かせてくれる!
大学卒業してから、それぞれ別の道を歩んできた4人ですが、今回、久しぶりに一緒に弾く機会があって、すごくよかったなあと思いました、、。学生時代の仲間って貴重な存在ですね。
カルテットはやっぱり楽しすぎます。

せっかくだからと、教室で記念撮影。
左から、Violaの島田玲さん、私、Violinの小林朋子さんと蓑田真理さん。






最後は、、
名古屋で、ソプラノ歌手の下垣真希さんのクリスマスディナーコンサートでした。

彼女とは去年、トヨタレクサスコンサートの企画で、真冬に上野の池の周りで(すっごく寒かった、、)、歌、チェロ、雅楽、とのコラボレーションでご一緒した縁で、今回声をかけていただきました。
常に、いろんなことを企画してるし、エネルギーに満ち溢れたとっても素敵な方です!

Bachの無伴奏チェロ組曲一番のPreludeを久々に弾きました、、。
バッハはやっぱり緊張します!
そのほかにも、フォーレ:夢のあとに、などを弾いてきました。
あとは、ほとんどピアニスト、北川さんの素晴らしいアレンジで10数曲、譜面を全部作ってもらっていたため、私は弾けばいいだけの楽をさせてもらいました。
北川さん、お疲れ様です!


歌声ってすごいですね。
人の心にダイレクトに響いてきて、とっても揺さぶられます。
私は歌に合わせて弾くのが好きなのですが、弾きながら、いつも歌声の魔力みたいなものに引き込まれてしまいます、、。
歌声とチェロの音がリンクするようなときがあり、そういう時はなんともいえません!!

ヴォーカルの佐野さんとは小椋佳さんの「シクラメンのかほり」を一緒に弾きました。
今年1月から9月まで小椋さんのコンサートツアーに参加していた私にとっては、思い出の曲です!
佐野さんご自身も、小椋さんと共演されているんだとか。
ジャンルを問わず、音楽の世界は狭いですね。

写真が暗いのですが、左から、ヴォーカルの佐野文彦さん、私、ソプラノ歌手の下垣真希さん、ピアノの北川美晃さんと一緒に。




まだ今年の仕事納めではないですが、怒涛のコンサート週間でした!

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL