忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05

12/16/00:24  ヴィオラ・ダ・ガンバの世界

先日、ヴィオラ・ダ・ガンバのイベントに行ってきました。
楽器の展示、試奏、コンサート、レクチャーなどなどを体験できる、かなりレアなイベントです。
たまたまチラシで見つけて、しかもその日は偶然仕事先が同じ建物というラッキーな偶然。
体験レッスンまであるというのでそれも予約。
ガンバって、あまり接する機会がないけど、すごく素敵な楽器なんです。
音も心地よいし、自分でも弾けたら楽しそうだなあ、と。
ちょっとどきどきしながら、会場に入ると、そこはなんだか不思議な世界。
楽器を弾く人、教える人、楽器を展示する人、説明を聴く人、、。
楽器のレッスンなんて、チェロを教えることはあっても、初心者としてレッスンを受けるのはかなりご無沙汰状態です。

まず、指版にギターのごとく、フレットが。
弦も5弦で、弓も持ち方はお箸を持つような感じなので、かなりチェロとは違う感覚。
また、チェロだと弓が扱いやすいのは手元のほうなんですが、ガンバは弓先。
さらに、ダウンビートはアップから始めるため、チェロとは完全に逆。
ちょっと弾いているとついクセでチェロのように弾いてしまう。
でも音は結構出ました。一応チェロ弾きなので。。

ちょっと経つと、だんだん面白くなってくる、というかマスターしたくなってくる!
30分の体験レッスンはあっという間にたってしまいました。
講師の方にきいてみると、いろんな楽器からガンバに目覚めて、始める人も多いそうです。
チェロからも結構多いんだとか。
いかんせん楽器がないので、残念ながら日常的に練習することはできませんが、いずれ、やってみたいなあと改めて思ったのでした。


終わりに、弾きたい人が(多分ほぼアマチュアの方)集まって演奏する、コンソート、という時間があったのですが、ここにガンバの世界の真髄を見た気がします、、。
一応集まっては弾いているものの、みんな間違えたりしてなかなか譜面通りに音楽が進まない、、けど、マイペースに根気よく続ける演奏者たち。
立ち止まって聴いている人も、次第にあまりのマイペースな演奏の運びに、だんだんと少なくなり、、でも演奏者はぜんぜん気にしない!
とにかく、自分とガンバとの世界をマイペースに楽しんでいたのでした、、。
ただのアマチュア、というだけではない、なんだかガンバの独特な雰囲気の「コンソート」の世界を味わってきました。


写真は、コンソートの風景。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL