忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05

10/05/00:21  9月のバロック

久々の更新です。
(コンサート情報しか更新できていなくてすみません。)
9月は新国立劇場でのミュージカル「SEMPO」の合間に二度、山口県と北九州市に行ってバロックのコンサートをしてきました。
山口でのコンサートは秋吉台の芸術村で数日間みっちりと合宿をした後にコンサート。
秋吉台芸術村は初めて行ったけど、思う存分集中できる環境でした。

建物も、宿泊棟と練習棟に分かれていて、練習棟はこんな感じ。
練習の合間には秋芳洞の鍾乳洞にも行ってきました。
鍾乳洞の中はすごく神秘的で(写真を何枚か撮ったものの、どうも薄暗くて怖い写真になってしまったのでアップはしませんが、、)こんなところでコンサートなんていいねーと話していたら、洞内の湿度は99%だそうで。。

コンサートは久しぶりにヴィヴァルディの四季など弾いてとても楽しかったけど、すごく小編成だったので緊張もしました。
地元の新聞社の方が取材にいらしていたようで、後日新聞にカラー記事が載っていたとのことなのですが、なんか面白いのでこちらにアップ。
お客さまからすごく温かい拍手をたくさんいただき感謝です!




月末のコンサートは北九州市にある、とても素晴らしいホール「響ホール」でのバロックアンサンブルセミナーでした。
もともとはコンサートのみをお引き受けしていたけど、せっかくのチャンスなのでアンサンブルのレッスンも受けてきました。
講師の戸田薫さん、パウル・エレラさん(Vn)、エマニュエル・ジラールさん(Vc)、村上暁美さん(Cembalo)とほぼ一日中一緒に弾いていたような、、。
Continuo(通奏低音)をあれこれ弾いて自分の未熟さを痛感しましたが、すごくいい経験をさせていただきました。

調律中の響ホール所有チェンバロ。
とても美しい音です!



室内楽ではヘンデルのトリオソナタを弾きました。



こちらは講師コンサート。



終了後に記念撮影。



ちなみに、今回一緒に弾いているヴァイオリンの上野美科さんは現在、響ホール室内合奏団のコンサートミストレスなんですが、、
彼女とは大学時代にカルテットを組んでいてドビュッシーやバルトークなど色んな曲を一緒に作ってきた仲間です。
お互いバロックをやっていることは最近まで知らなかったのですが、きっと縁があったんでしょう。
10年以上経って今度はこうやってバロックのアンサンブルで一緒に弾けることって素晴らしいなぁとしみじみ思いました。




PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL