忍者ブログ

Musikpromenade ~音楽の散歩道~

チェロ弾き高橋麻理子のブログ
NEW ENTRY
03 2017/04 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 05

10/09/00:11  ケーテンの秋

先月末になってしまいますが、「ケーテンの秋」という名前の音楽祭に出演してきました!

バッハゆかりの地、ということでいったいどんなところなんだろうと楽しみに、、
私の住むザールブリュッケンからはなんと車で7時間半ほどかかりました。
といっても、フランスのMetzという街から出発し、ザールブリュッケン、フランクフルトを経由してのかなりの長旅です。


ケーテンはとってもこじんまりとした街で、人口約3万人ほどらしいです。



街の真ん中にそびえたつ、Jakobs教会。

なかでは、オルガンの練習をされている人がいました。
よく響く、素敵な音色でした。




また、バッハが過ごした土地らしく、いろんなところにBachの文字や、記念碑ほか、、。





街の片隅にあった、大きなバッハのペイント。
共演者たちからは「わーひどい!なにあれ!」と散々な評価でしたが、
バッハがこんな風に生活の一部になっているのが面白いなぁと思ったのでした。






さて、ここはなんでしょう。
ただのビルに見えますが、、
なんとここはバッハが住んでいた家の跡、でした。




元の家は跡形もなく、すでに相当前に建て替えられていたと見えて、あまりにも普通すぎる外観にかなりガックリ。。


とはいえ、素晴らしい共演者たちとのリハーサル!
ソプラノのAna Quintansとともに、バッハやヘンデルのカンタータや
ブランデンブルグ協奏曲を演奏しました。



コンミスのZefiraはブルガリア出身。
なめらか且つ、積極的な音楽造りであっという間に彼女の音に引き込まれました!
ヴィオラの瑶子ちゃんはフランクフルト在住。
フランクフルトの古楽オケなどの話も聞けて楽しかったです。






演奏したのはケーテンのお城の中にある、「バッハ」と名前の付いたホール。




お城の中はとても景色もよく、のどかで空気も澄んでいて、リフレッシュできました。

かつてバッハがここで暮らしていたことを想像し、そして感じながら、楽しんで弾くことができました。



楽しかった音楽祭、、また訪れたい街ケーテンでした。


PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK-URL